ぺたんこバッグ 【 その5 】 仕立て方

・・
それぞれの パーツができたら 仕立てます

直線縫いばかりなので カンタンといえば カンタンですが・・・
切替部分の色が違うので ずれると 結構 目立ちます

その辺を 注意して 縫いましょう  
・・

縫い位置の印は つけていないので 必要に応じて 印をつけて下さい


・・

持ち手を つけ位置に ミシンで仮止めします
「わ」の部分、 折り目側を 外向きにします

どちらを外側に・・・と 特に 決まっている訳では ありませんが
必ず両面 2本を 統一 してつけます

持ち手の部分は 特に 布へのチカラが かかる箇所です
仮止めの時に 数回 しっかりと 返し縫いします 
・・


・・

上端の部分は ぬいしろ 1cmです

その他の箇所は すべて 7mmになっています
7mmで統一しているのは パッチワーク部分の縫い代と 合わせる為です

チカラが かかる部分 縫い代が少ないと
ほつれや 破れの原因になるので 注意します
・・


・・

アップリケの側は ポケットを つけていません

反対側の上端も 同様に 1cmで縫います 
・・


・・

縫った部分の 縫い代を 一度 割ります

歪まないように まっすぐ 割ります
・・


・・

このデザインは 平面なので 平らな状態での アイロンが可能ですが
立体的なデザインは かけづらい場合

このような道具を使うと 部分的に かけやすいです 

専用の道具

・・


・・

バッグの口部分 折ってアイロンを かけます

一度 縫い代を 割ってから折ると 自然に まっすぐ折れます 
・・


・・

口布 ( 中袋の上側の布 ) から スタートします

色が違うので ずれると 目立ちますが

特に 表側の部分は 注意します
・・


・・

返し縫いでスタートし

底に向かって 7mmで縫います 
・・


・・

ピンクのバッグは 生成りの縫い糸を 使用していますが

黒の場合 黄色のライン部分 黒糸に替えないと

仕上がった時に 糸が目立つので 注意します
・・


・・

縫い終わった後は 波打った状態になるので

一度アイロンで 平らに 押さえます 

面倒でも 縫い代を割る前 一度 押さえると キレイに 仕上がります
・・


・・

サイドを 割ります

こういう箇所は 平らなアイロン台では 割りづらいです 

先ほど紹介の 仕上げ馬があると 便利です
・・


・・

中袋を全部 縫ってしまった後では 割りづらいので

表側を先に縫って 割ります 

仕上げ馬がない場合 新聞等を 硬く丸め インクが写らないように
別の布などで 外側を巻いて 代用すると よろしいかも?
・・


・・

この部分が 割れていないと

なんとなく 仕上がりが・・・? ヤボったい感じになるので

アイロンは 部分部分で しっかりと かけます
・・


・・

底の部分は 馬が入らないので 縫い目の きわを折ります

馬がナイ方は 脇全体 この方法でも OKですが

なるべく 割る方が 仕上がりは キレイです
・・


・・

口布の位置から 中袋を 縫います

ここも 縫い代は 7mm 返し縫いで スタートします
・・


・・

下の端まで縫い 返し縫いします

両サイド 同じように 縫います

白布に 白糸なので 非常に わかりづらいと 思います
・・


・・

底は縫い代 1cm
返し口を残して 返し縫いします 

ここを 1cmで 縫うコトで 中袋の高さが 控えられた状態になるので

底部分の 仕上がりが モコモコせず スッキリと なります
・・


・・

口布から下の 脇の縫い目 1~2mm きせをかけて 折ります

きせをかけることで 底部分と同様

中袋の仕上がり幅が 控えられるので スッキリと 仕上がります
・・


・・

白糸では わかりづらい為 補足説明します
・・

洋服の裏布は、 各縫い目に きせをかけて 縫いますが
この場合 本来の縫い代から きせ分の縫い代を 少なくして縫います

例えば 2mmのきせをかける場合、1.5cmの縫い代では
1.3cmで縫います
・・


・・

7mmで縫います

・・


・・

アイロンで縫い目の外側 1~2mmの位置を折ります

・・

・・

・・


・・

今回は 表の袋よりも 中袋を 小さく仕立てる為に きせをかけます

なので 縫い代は 同じ幅の 7mmで縫い
アイロンで 1~ 2mm折ることで 自動的に幅が狭く 仕上がります

中袋が 表の袋と同じ幅では 中袋の突っ張りで
仕上がりが モコモコした状態になり スッキリと なりません

そのために 脇は きせをかけて 折ります 
・・


・・

底の返し口 部分

・・
・・


・・

両側に 1cm 折ります 

・・
・・


・・

カドは きちんと 折りたたみます

・・
・・


・・

中袋の 脇の縫い目は 割る必要はありません

きせをかけて 折ったままの状態です
・・


・・

返し口から 手を入れて 引っぱり 出します

・・
・・


・・

少しずつ・・・ ゆっくりと

無理に引っぱると 返し口が裂けるので 注意します
・・


・・

カドは 目打ちを使って きれいに整えます

・・
・・


・・

中袋を落とし込む時 この部分の縫い代を

開いた状態で 折り込むので 倒れないように 注意します
・・


・・

縫い代を 割った状態で 折ります 

・・
・・


・・

中袋を 落とし込み
長さや幅に ダブつきがないか チェックします

中袋が大きいと モコモコして 表側のシルエットに 影響します
・・


・・

あまりにも ダブつく場合

反対に表袋が 大きくなっていた場合?
中袋が小さくなりすぎて しまいます

再び裏返して 底やサイドの 縫い位置や きせの折り幅を 調節します
・・


・・

丁度良い状態であれば 返し口を ミシン縫い

または コの字にとじます
・・


・・

面倒なようでも この確認作業や
修正を手抜きすると 仕上がった時に 中袋が 引きつけたり

ボコボコに膨らんでしまったり・・・ 今までの苦労が 水の泡

ここは しっかりと確認 修正しましょう
・・


・・

返し口を閉じた後
袋全体を中表に返し 袋の口に ステッチをかけます

ミシンの形状にもよりますが

内側から ステッチをかけると やりやすいです
・・


・・

縫い始めと 終りの返し縫いは

必ず脇の部分です
・・


・・

ステッチが終わったら 再び 表に返します

何度も 返しているうちに どうしても ヨレヨレになります
・・


・・

最後に全体的に 軽く アイロンをかけますが

特に黒の場合 表からのアイロンは テカリや アタリができやすいので
当て布をして アイロンをかけます

最後の最後に アイロンで失敗~

なんてコトにならないように くれぐれも アイロンには ご注意
・・

・・
・・

・・
・・

・・
・・


・・

ブラックは 特に 糸が目立つので 脇縫いの時に 糸を交換します
・・


・・

平面的なデザインですが
それだけに スッキリと 仕上げる為にも

しつこいようですが 部分部分 アイロンを しっかりと
・・

お洗濯は・・・ 地直しや 芯の貼り方に よっては??
手洗いでも  縮んでしまう 可能性は 捨て切れません

完成後に 防水スプレーを かけておくと
汚れ予防にも なるかと・・・
・・

パッチワークのバッグでなくても
中袋の控え方等 応用して 作ってくださいね

色んな布で アレンジして
是非 オリジナルな 作品に 挑戦して下さい

・・

ぺたんこバッグは これにて終了
お疲れさまでした
・・

ぺたんこバッグ ** もくじ **

ぺたんこバッグ
・・

・・

・・
型紙の お申し込みはコチラから どうぞ♪

ちくちくふれんど ** オンライン ショップへ **
・・

ヤフーオークションへ

・・
・・

広告